3/21更新:コロナ禍における利用ルールについて

まん延防止等重点措置の解除につき、3月22日(火)から団体利用のキャンセルについてのルールは通常通りの取り扱いに戻りました。その他の利用ルールは、引き続き厚生労働省が示している「新しい生活様式」の実践例に記載されております「基本的感染対策」「基本的生活様式」に基づいての実施になります。各項目詳細をご一読いただき、引き続きソーシャルディスタンスの確保など感染予防対策にご協力よろしくお願いします。

 

1、駒岡地区センター施設内の入館について

■駒岡地区センターの開館時間は、平日・土曜は9時~21時、日曜祝日は9時~17時です。

 受付カウンターでの各種手続き、お電話でのお問合せなどは開館時間内にお願いします。

以下の場合はご利用をご遠慮ください。

      ①体調不良(37.5℃以上の発熱、せき、のどの痛みを伴う場合)

  ②同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合

     ③過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある場合

2階の出入り口を封鎖しております。1階入口より入退館をお願いします。

マスクの着用、手指消毒、検温検査、最低1メートル、できるだけ2メートルのソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。お子さまも熱中症や呼吸困難に気を付けて、可能な限りマスクの着用をお願いします。

万が一駒岡地区センターで陽性者がでた場合の連絡のため、全入館者の氏名・連絡先記入をお願いしております。ご了承いただく方は、連絡先記入票を記入するか《神奈川県LINEコロナお知らせシステム》をご利用ください。(団体代表者は団体での参加者の氏名と連絡先を必ず把握しておいてください。)

ご来館から2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、速やかにご連絡をお願いします。(駒岡地区センター:045-571-0035)

 

 

2、個人利用について

体育室個人利用は実施中です。しかし、感染拡大防止のため、利用時間などルールがコロナ禍前と大きく異なります。必ず、別項《体育室個人利用のルールについて》をご一読の上、ご利用ください。

図書コーナー、プレイルーム、娯楽コーナーなど個人利用はご利用いただけます。利用時間は10時~20時、(平日・土曜)、10~16時(日曜・祝日)です。ただし、感染拡大防止のため、最大利用時間はロビーは30分、図書コーナー、プレイルーム、娯楽コーナーは2時間といたします。各個人利用のルールに関しては以下の各項目をご一読いただき、ご了解の上ご利用ください。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

図書の貸出をご希望の方は、受付スタッフにお申し出いただき、検温検査、連絡先記入票をご記入後、スタッフの指示に従ってご入場ください。図書コーナーの混雑状況によってはお待ちいただく場合もございます。利用者間でできるだけ2メートル(最低1メートル)のソーシャルディスタンスを守り、貸出図書をお選びください。ご家族でのご利用の際は、ご一緒に行動願いますまた、貸出処理を行った本以外で、触れた本はすべて《触った本置き場》に移動させてください。スタッフが消毒した後に貸出可能にさせていただきます。閲覧コーナーのご利用は席を5席開放しています。図書の閲覧、学習にご利用ください。利用時間は最大2時間です。

プレイルームはご利用いただけます。最大利用人数は、乳児・幼児も1名とカウントして、26名ですできるだけ2メートル(最低1メートル)の距離のソーシャルデイスタンスを取り、混雑時は利用をご遠慮ください。ご利用時は、一度受付にて検温検査と来館記入票にご協力ください。大きな滑り台以外のおもちゃは撤去いたします。一部のおもちゃは受付にて貸出いたします。ご希望の方は受付スタッフにお声がけください。利用時間は最大2時間です。

娯楽コーナーはご利用いただけます。できるだけ2メートル(最低1メートル)のソーシャルディスタンスを維持してご利用ください。1メートルのソーシャルディスタンスの維持ができないと思われる囲碁、将棋、オセロなど対面が必要になるものは、マスクとフェイスシールドを双方、装着する必要があります。囲碁、将棋、オセロの貸出を再開しています。ただし、感染防止のため以下のルールを守っていただきます。

 ①同じ碁石、駒の利用は2名のみとします。使いまわしや対戦相手を変えての利用は禁止いたします。利用者が片方でも変わる場合は一度返却して、別の碁石、駒を借りてください。

 ②使用後は、貸出利用者がご自身で消毒してから返却してください。

 ③受付にストックされている各碁石、駒の貸出は1日で各1回のみとします。そのため、

一日に貸出できる数が決まっており、無くなり次第、貸出終了とさせていただきます。

利用時間は最大2時間です。 ロビー等でのオセロの貸出も上記と同様のルールになります。

■ロビーなどでのご利用は、できるだけ2メートル(最低1メートル)の距離をあけてお願いします。混雑回避のため、椅子やテーブルを減らしますので、移動させてご利用することはご遠慮ください。また、混雑時は館外にご移動をお願いする場合がございます。立ち話等はご遠慮ください。

飲食は、できるだけ周りの人と距離を取り、対面を避け、会話を控えるようにお願いします。

館内をスタッフが換気、消毒、状況確認のため巡回、点検いたします。混雑時や、利用時間が長い時などに、お声がけをさせていただく場合がございます。

 

 

3、団体利用について

団体利用予約受付は通常通り実施しております。2か月前の応当日申し込み会も通常通り実施しています。応当日申し込み会当日の密を避けるため、可能な方は《希望事前申請》をご利用ください。

コロナ感染防止を理由の団体利用キャンセルの特別返金措置は終了いたしました。返金可能で、まだ返金手続きを行っていないものがある方はお早めに返金手続きをお願いします。

 

 

《中会議室・小会議室・和室・工芸室・音楽室・料理室》

■最大利用人数は、通常時と同じです。小会議室18名、中会議室48名、和室30名、音楽室18名、工芸室24名、料理室24名です但し、できるだけ2メートル(最低1メートル)の距離を空けてのご利用が大前提となり、必ずしも最大利用人数内でもご利用できない場合があります。

 音楽室でのカラオケが以下の条件付きで利用可能です。

 ①カラオケ利用の場合は、最大利用人数は6人になります。

 ②マイクカバー(マイク収音部に装着する、個人別の使い捨てのもの)と、マイクシールド(歌唱者以外に飛散を防止するためのもの)もしくはフェイスシールドを必ず装着し、コロナウィルス拡散防止に努めること。

 ③デンモクの使用は一人のみに限定すること。

使用後の各機器の消毒も必ずお願いいたします。

コーラス、歌唱は利用可能です。対面して大声を出すことの無いように気を付けてご利用ください。エアロビクス、ダンスなどの呼吸が荒くなる運動は、距離を十分にお取りいただくことを条件として可能になっています。

 

 

《体育室》

 競技中も休憩中も人と人の間隔をできるだけ2メートル(最低1メートル)の距離を開けてご利用ください。強度が高い運動の場合は、呼気が激しくなるため、より一層距離を開けて利用をお願いします。また競技中も、熱中症など体調には気をつけつつ、できる限りマスクの着用をお願いします。

 更衣室を同時に利用するのは2人までになるようにお願いします。必ず入れ替わりの時間も計算してご利用時間内に利用終了するように努めてください。シャワー利用後は拭き掃除を、使用後は必ず触れた部分の消毒をお願い致します。

  

 

《各部屋の共通事項》

人と人の間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)の距離あけてご利用いただきます。激しい動きが伴うスポーツは更に長い距離を保つ様にお願いします。例として、1on1や試合形式のバスケットボール、バレーボール、スパーリングや打ち合いなど近距離での格闘技、バドミントン・卓球のダブルス等は引き続き禁止です。人と人の距離を十分に確保したバスケットボールのシュート・パス練習、距離を確保した空手等の型、演武の練習等は可能です。

■貸出備品の貸出が可能です。必ず利用時間内に利用者ご自分で消毒し、受付に返却してください。また、各備品の貸出の貸出は一日1回になります。同じ備品は、別の団体と、時間帯が重複していなくても貸し出せませんのでご注意ください。

利用後の消毒薬清掃、部屋の換気にご協力ください。

団体利用者に団体利用者全員の氏名・連絡先を提出していただく場合があります。代表者は利用当日の状況を把握する様に努めてください。保健所から依頼があった場合には利用者名簿を提出できるように事前に作成をお願いします。

その他、利用方法、換気等、地区センタースタッフ職員の指示に従っていただきます。

 

現在の利用ルールは厚生労働省が示している「新しい生活様式の実践例」に記載されている「基本的感染対策「基本的生活様式」等に基づいています。